メニュー

Close

HOME

診療のご案内

みみの症状

中耳炎 耳鳴り 難聴など

耳の痛みがある場合

耳が痛い時は、下記のような症状が考えられますのでご相談ください。

外耳道炎
外耳道炎は外耳道の掃除のし過ぎ、異物(ごみなど)の刺激に細菌が感染したことにより起こります。時に耳垢がたまっていることもあります。外耳道の知覚は 敏感なのでかなり痛くなります。通常、聴力はあまり悪くはなりません。治療は、外耳道の消毒と抗生物質や真菌感染(かび)の時には抗真菌剤を使用します。
急性中耳炎
急性中耳炎は小児の場合、咽頭より耳管経由で細菌感染が起こり、中耳に感染を起こす疾患です。さらに、膿が中耳にたま り、周囲を圧迫すると激しい痛み・熱発が起こります。治療は、細菌に対して抗生物質を使用する場合と、膿が多いために鼓膜を切開して排膿する場合がありま す(鼓膜切開術)。近年は抗生物質の感受性が低下し、薬が効かない細菌が増えてきているので、適切な薬の選択が早く治すためには重要です。中耳炎がなかなかなおらずに、痛みがひどくなったり、耳の後ろが腫れてきたり、耳漏がじゃぶじゃぶ出てきたら危険信号です。 その他、耳が痛いと感じる疾患には、異物、歯痛、顎関節症、外傷、神経痛、ウィルス感染症、慢性中耳炎などがあります。

耳が塞がった感じがする

耳垢栓塞
耳垢栓塞は外耳道に耳垢がセメントのように詰まってしまう状態です。固くてすぐに取れない場合には耳垢を溶かす薬を点耳して取ります
浸出性中耳炎
浸出性中耳炎は鼓膜の内側の中耳に浸出液が貯まるために、音が伝わらず耳が塞がった感じがします。耳管の機能が悪いことが原因の一つなので、鼻をきれいにして、耳管通気療法を行います。小児で長期間耳が塞がった感じが続くと勉強についていけないことも起こるので、鼓膜を切開して排液する(鼓膜切開術)か、繰り返す場合には、鼓膜に小さな排液チューブを留置することもあります(鼓室内チューブ留置術)。
低音部感音難聴
低音部感音難聴はストレスなどが理由とも言われますが、内耳の低い音の聴力が急に悪くなる病態で、耳が詰まっている感じがします。めまいの発作が起こることもあり、メニエール病とも言われます。治療は、内耳に栄養を与える薬剤やステロイドホルモン剤を使用します。

耳鳴がする

耳鳴は内耳の痛みとも言われます。ずっと持続していつも気になるような耳鳴は治療の必要性があります。耳鳴の原因はまず聴力が悪いときが多いようです。悪い部分の聞こえの神経が異常に興奮したり、聞こえない分が耳鳴として感じることがあります。また聴力は悪くなくとも耳鳴はおきますが、聞こえの神経が異常 に興奮すること、神経性のものなどの原因もあります。耳鳴は他人にはわからないことですので、医師が耳鳴について理解しようとしなければ耳鳴が治ることは 絶対にありません。
▲ ページのトップに戻る