メニュー

Close

HOME

診療のご案内

補聴器の相談

選び方 価格 メーカーなど

補聴器についてよく受ける相談

  • なんとなく、聴こえが最近悪くなったけど、そろそろ補聴器のいる年代になったのかなあ。
  • テレビを見ていても、しゃべっていることの内容が理解しにくくなって来たがこんなとき補聴器は役にたつのかなあ。
  • ご家族の方とはなんとか話が通じるが、他の人が話しかけても全く話が通じない。補聴器をかけると聴こえるようになるのかしら。

こんな時はどうすればいいの・・

聴こえの悪さの程度によって、様々な状況があり、補聴器が役立つのかどうか、ご本人には判断のつかないことが多いようです。ご近所には補聴器を販売しているところは、デパート、めがね店をはじめ多くあると思います。そこでは各種の補聴器につき、性能や値段の丁寧な説明を受けることはできます。しかし、貴方がご相談になりたい、困られた状況が補聴器によって解決できるかどうかについての説明は受けられません。正しい取り組みの仕方としては、当院を含めた日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医である耳鼻咽喉科を受診されることをお勧めします。

耳鼻咽喉科の診察ではどんなことがわかるの

耳鼻咽喉科では困られた状況が耳のどのような病気から起こっているかの診察をまず、最初に行ないます。どんな種類の難聴がどのような程度にあって、どのような疾患によって起こっているかが診断されます。中には耳鼻科での治療によって、難聴を改善することができ、補聴器によらずとも困ってらっしゃることが解決する場合もあります。そして、補聴器が役立つ場合も、具体的にどのような補聴器がその方にはふさわしいものであるかのアドバイスもして差し上げることができます。その上で、適切な補聴器販売店に対して、補聴器の処方を含めた紹介をさせていただきます。

補聴器の種類と機能

耳鼻咽喉科では困られた状況が耳のどのような病気から起こっているかの診察をまず、最初に行ないます。どんな種類の難聴がどのような程度にあって、どのような疾患によって起こっているかが診断されます。中には耳鼻科での治療によって、難聴を改善することができ、補聴器によらずとも困ってらっしゃることが解決する場合もあります。そして、補聴器が役立つ場合も、具体的にどのような補聴器がその方にはふさわしいものであるかのアドバイスもして差し上げることができます。その上で、適切な補聴器販売店に対して、補聴器の処方を含めた紹介をさせていただきます。

補聴器にはいくつもの種類があり、値段も大きな幅があります。いまではデジタル補聴器が主流となっていますが、基本的にはノンリニアー増幅機能を持ったもので10万から20万弱の値段帯になっているようです。

40万も50万もする補聴器にはこの基本的な機能のものに、幾つかの機能を附加されているものと考えてください。補聴器を付けられるかたの補聴器装用の目的や使用する場所とか機会によって付加機能がついているほうがいいのか、付けないようがむしろ使い勝手がよいのかは違います。なんでもいろんな機能がついているほうがいいかというとそんなことはなく、値段が高いものは高機能で誰にでもあうものというわけには行きません。例えば、お年寄りの方で後ろからきた音をキャンセルする機能がついていることによって、道をあるいている時など、後ろから来た車の音がわからず、かえって危険という場合もあります。
その方の使う場面にあわせた補聴器を選択なさってください。そのお手伝いは耳鼻咽喉科医もいたします。

補聴器取り扱いメーカー

▲ ページのトップに戻る